So-net無料ブログ作成

終末論について

意外!それは今日も更新される平川のブログッ!

 

 

 

来年世界が崩壊するらしいですね。噂によると。

どうなんですかね?(;´∀`)…まさかねぇ・・・。

まあ世界って言っても地球が崩壊するわけじゃないんだろうから、正確には『人類が作った世界崩壊』ですかね。

 

昔10年以上前に『神々の指紋』っていう歴史エッセイ本がベストセラーになったのですが、当時中学生だった平川は夢中になって読んでました。

マヤ文明以前に南アメリカにあった超高度な文明を追う話しだったんだけど、ワクワクするような歴史ミステリーの連続ですっごく楽しい本でした。

 

例えば・・・ 

〇フィクションと言われている旧約聖書の記述と似た話が世界各地に存在する。                     ⇒ノアの箱舟に代表される旧約聖書の内容と似た伝説が世界各地に存在する。ノアの箱舟に描かれている「世界を滅亡させた洪水」は本当にあったのではないか?

〇紀元前に書かれたある地図に正確な南極大陸の地形が描かれている。                          ⇒南極大陸の調査が初めて行われたのは近代になってからなのに、なぜその地図には氷に覆われているはずの大地の正確な地形が描かれているのか?

〇ナスカの地上絵はどのようにして書かれたのか?                                            ⇒あんな巨大な数キロにも及ぶ絵をどのようにして書いたのか?ナスカの大地には全体を見渡せるような高い山や丘はなく、描いた本人たちも書いた絵をみれなかったはず。そして数多くの絵の中に蜘蛛の絵があるんだけど、その蜘蛛は一番後ろの足に突起みたいなものが描かれている。その蜘蛛は南アメリカにしかいない特殊な蜘蛛だと言われていて、その突起みたいなものは生殖器なんだけど、スゴイのはその蜘蛛は顕微鏡でしかみれないくらい小さい蜘蛛なの。その時代にどうやってそんな小さい蜘蛛をみたのか?

 

 

って感じの内容です。歴史ミステリー好きとしてはワクワクさせられる話しばっかりです。 

インディー・ジョーンズとか好きならかなり面白いと思います。

 

 

その本の最後に2012年に世界が破滅するというマヤ文明の予言に関する章があって、当時結構話題になったんだけど、その時は「ハハンwwwどうせ2012年になったらみんな忘れてるよwww」って思ったんだけど、いざ2012年が近づいてみたらかなりこの話題で盛り上がってますね。

 

でも昔からいまいち疑り深い平川少年は面白いなと思いつつもあんまり信じてなくて、中学生ながらに「世界滅亡はねぇだろうwww」って思ってたんです。

 

 

 

が・・・・!

 

 

 

 

その後『週間少年ジャンプ』で当時やってたある漫画のクライマックスを読んだ平川少年は衝撃を受け、「ほんとに世界は滅亡するかもしれない・・・」という言いしれない不安を抱いたのであった・・・・!!

 

 

「また漫画の話しか・・・( ̄ω ̄;)・・・」

 

 

・・・な~んて言わないでとにかく聞きなよw。

これは今でも平川の心の中ではかなりの衝撃的な事実として人に話したくてしょうがないんですよ。

聞いて損はないよ!

 

 

その漫画の題名は・・・・

 

『封神演義』 です。 

 

 

 

続きはまた今度。

 

 

乞うご期待(^^)b


スマホ

皆さんこんにちわ。「最近よく更新しますね」っていわれちゃうくらい更新してない平川賢志のブログへようこそ。

 

 

最近オレね!ケータイ変えたの!!!!

憧れのスマートフォンに!

ウレ━━(*´∀`*b)━━シィ!!!!

中国製のマイナー機種ですがwww

でもデザインが可愛いかったので気に入っています!色はピンク❤ 

 

 

『これでいつでもアニメみれるし2chも見放題だー!ヤッター!U\(●~▽~●)Уイェーイ!』

って思ったんですが、やっぱり仕事してるとあんまり・・・というか全然使いませんね(^_^;)

(ちなみに平川はこの風貌やダンスからとっつきにくく怖い人間で元ヤンキーだと思われているようでよくそう言われるんですが、それはまったくの誤解です。元ヤンなんてとんでもございません。                オタクです。昔は人の目をみて話すという事が本当にできなくて、結構マジで悩んでいたくらい暗い性格でしたw。高校生の時は本が友達でしたw。そうゆうわけなので漫画や小説の話ならいつでも大歓迎なのでどんどん話しかけてネ❤)

 

スマートフォンとっても便利なんだけど、唯一嫌なのがメール!                                   書くのがものすごく難しい!というかめんどくさい!                                          両手使わないと書けないのが煩わしい(≧ヘ≦) ムゥ

だからまだ誰にも「メール変更しました」メールを送ってない(笑)

 

 

そういえば光より早い物質がみつかったらしいですね。

これがマジだったらコペルニクス的転回ってやつですね。

でもいったいどうやってそれを観測してるんでしょうか?

まったく見当もつかないですね。

まあ実際に説明されてもわかんないだろうけどwww。 


「何よりも『困難』で……『幸運』なくしては近づけない道のりだった………

『決勝』に入るという道のりがな……。」

CCF20110921_00001.jpg

 

 

先週の日曜日に後楽園ホールで試合がありました。 C級ラテン。

いままでいつもあと1チェックで泣いてましたが、今回やっと・・・!やっとこさ・・・!

決勝入りました!!

WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!                     最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハーーーッ!!

hi.jpg

 

 

そして準優勝でした。

うん・・・まあ・・・・・・・・残念・・・・・。

 

決勝踊り終わった時点で自分の中では、

「勝ったッ! 第 3 部 完 !」(*・д・)σビシッ!

って感じだったのに結果は2位でした(笑)

ホルホ~1.JPG

まあいっか(笑)

とりあえず3位以内に入ったからあと1回決勝に入ればB級に昇級できるし。

 

この間「漫画の話しばっかりじゃなくてたまにはダンスのこと書きなさい。何を意識して練習してるのか、とかさ」って言われたのでそれ書きますwww。

踊るにあたってこうなりたいって意識していることは2つあります。

一つ目は、『セルゲイがジャスティナスのステップをクールに踊ってる感じに踊る』ってことです。

僕のステップはほとんど、というか9割ジャスティナスのパクリですが、とっても性に合っていてとっても気に入っています。 あのかなり「変」で「変わってる」感じが自分のフィーリングにぴったりでチャチャとルンバは踊っててとっても楽しいです(^O^)

でもセルゲイの踊りや雰囲気や立ち姿が無茶苦茶カッコよくて大好きなのでいっつも真似しています。

なんでその2人をミックスして自分のキャラにできたらいいなって思って練習してます。

 

二つ目は、『ジョジョっぽく踊るッ!!』ってことです。

なんかこれを言うとみんな笑うんですが、マジです。大マジ。「荒木先生ならどう書くか?」ってことを頭の片隅に考えて踊ります。パッと鏡をみた時に「ジョジョっぽく」立ててるととても満足です。逆に「これはジョジョっぽくないかな」と思えばなおします。

この「ジョジョっぽい」って言う感覚を読んだことない人に伝えるのはすっごく難しいんだけど、ようするに「センス」的なものです。イギリスのロックを聴いて「イギリスっぽい」なとわかったり、花柄や水玉のYシャツをみて「ああポール・スミス」だなって一発でわかるみたいなものです。

ジョジョはそのストーリーとは別に、「立ち方」や「しゃべり方」、「考え方」や「デザインのセンス(洋服やスタンドのデザイン)」が根底に流れていて、とても独特で且つとてもカッコいいんです。

漫画を読むという行為が、「直感」や「感覚」や「センス」みたいなものに直接触れる感じ。こんな漫画はめったにないです。 

 

 

なんか書くのが面倒になってきたのでこのジョジョとダンスの話はまた今度www。 

 

最後になりましたが、見に来てくれた生徒さんありがとうございました!大変心強かったです!

当日応援していただいた方々、声かけてくださった皆様ありがとうございました(^○^)

全然知らないのに自分をあんなに応援してくださってホントにありがとうございました!嬉しかったです!

 

次は10月30日!!

ぜったい決勝入れるように頑張って練習するぞーーー!オーーー!

 


御堂筋くん

遂に今週の日曜日に後期一発目の試合ですわ。

もう疲労で身体がだるいですが運動はキレキレですわ。

あと3日はゆっくり踊って回復させます。超回復ってやつ。

 

なんだかんだ先月でダンス初めて5年目に突入しました。

長いような短いような。

まわりはみんなどうせすぐ辞めるだろうなんて思ってたらしいですが(本人もだけどwww)。 

 

成績は上がってきてるけどクラス戦はずっとダメダメなままなので(田〇 淳先生にSCって言われちゃいました(T_T)  sc=スペシャルC級)ここらで一発マジで一気に駆け抜けたいところです。

何を練習すべきなのか考えないでがむしゃらに練習するのは無意味だと思うし疲れるし喧嘩になるし百害あって一利なしなので考えも加速させていかないとですね。

性格的にチクチクうるさくなりがちなのでもっと大きな視点から見ないとと思います。

 

さて最近友達に薦められて『弱虫ペダル』って漫画を読んでるんですが、その登場人物に御堂筋くんって子がでてくるのですが、そいつがまためちゃくちゃ気持ち悪いんですよ。

自転車レース(ロードレース)部の話しなんですが、その御堂筋くんはまあいわゆる敵役で明らかな極悪キャラです。

もう動きがまず気持ち悪くて目なんかいっつもどっか飛んでるし常に舌でてるしよだれ垂れそうだし言動が最悪だしもうまずこいつはきっとまともな人生おくれねえよって思うやつなんだけど、、、、、

 

なんか最近シャドー踊ってるとやたらこいつが頭にちらついてなんかあの気持ち悪い動きが踊りにでちゃうんですよwww。

オレ基本心がチキン(弱い)なので一度衝撃を受けるとかなり影響されちゃうんです。

そいつが出てきた時の衝撃といったらもう最悪でしたからね。マジで違う漫画から突然現れたかのような気持ち悪さ過ぎてwww。

あの気持ち悪い感じが踊りに出ちゃうwww。。。

 

 

とりあえず忘れてなんとか修正しないと(@_@;)

 

 

 

 


Valparaiso

この間初めて『ブレードランナー』をみました。

原作の『アンドロイドは電気羊の夢をみるか?』はなんどか読み返したことがありますが、設定が微妙にちがってましたね。

でも映画のあの退廃的でダークな未来世界は昔の映画だけどとても雰囲気がありました。

この映画は最近スターウォーズなどを抜いて「史上最高のSF映画」でNo.1になってました。

なによりハリソン・フォードかっこイイd(*・ω-*)イイ

 

 

同じリドリー・スコット監督で『白い嵐』っていう映画があるんですが、この映画がまたすっごく感動的で哀しい映画があります。

サマースクールで航海に出た船が「白い嵐」というスコールに遭ってしまうという史実に基づいた映画です。

この映画のエンディングでStingの『Valparaiso』という曲が流れるんだけど、その曲がまた船乗りの哀愁に満ちた歌詞とメロディーで大好きです。

Valparaisoという町がチリにあるのですが、とても行ってみたくなります。

歌詞⇒http://sting.diskografie.info/ja/valparaiso


美少年たち

さて常日頃U2が大好きと公言しておりますが、いままであんまりPVをみたことありませんでした。

この間たまたま初期の名曲「I will follow」のPVをようつべでみたんだけど、そのあまりの美少年っぷりに驚きました。

もうおっさんになった頃しか知らなかったからから衝撃。

 

U2 - I will follow

 

若いね~!特にドラムのラリーの金髪美少年っぷりにビックリ。

ちなみにみんな今はこんな感じのちょい悪親父系です↓

 

U2 - Vertigo

こんなかっちょいいオヤジになれたらいいですね。

 

 

 


キャサリン・ゼタ・ジョーンズまじ*(。・∀・。)イイ+++*

昨日のブログを読み返してあまりの「落ちなし。意味なし。厨二病まるだし。」な文章に恥ずかしさを覚えます(笑)

でもまぁそんなアホな黒歴史も残しておくのもMな俺としては楽しかったりv(>_<)v

 

 

さて最近あった印象的な出来事といえば・・・

・・。 

・・・・。

・・・・・・・・・・。

・・・・・う~ん・・・・・。

 

 

あぁ!そうそう!昨日風強かったじゃないっすか。

昼飯と『スケット・ダンス』最新刊を買いに駅前を歩いていたんだけど、ビューッ!と強い風が吹いて目の前にいた女子高生の集団のスカートがマジでマンガみたいにブワッーって・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

・・・・・・・コホン・・・。

 

まぁおかげで一日ルンルン気分だったってことです。

 

 

 

そういえばこの間はうちの教室のパーティーがありました。

2周年だったんだけど素晴らしく滞りなく終わりました。

終わった時のあの解放感といったらなかったす。

今回は酔いつぶれることもなくちゃんと教室で仕事して帰りました。

 

 

 

この間選手会主催の「フェスティバル」ってパーティーがあったんですが、そこでフォーメーション踊りました。

映画『シカゴ』の「Cell Block Tango」っていう曲をモチーフにした踊りだったんだけど、M田先生とS木先生のスンバらしくオサレな振り付けで見事優勝\(^o^)/

初フォーメーションで初優勝させていただいてほんとありがとうございますm(__)m

 

Chicago - cell block tango


⇐to be continued

・・・・・・ここはどこだろう・・・?

懐かしい感じがする・・・。

きっと前にもここに来たことがある・・・。

.

. 

あれはいつ頃の事だったかな?記憶が霞んで思いだせない・・・。

オレはここでなにか日記みたいなものを書いていた気がする・・・。

あれはきっと数えきれないくらい遠い昔の出来事だったのだろう・・・。

.

.

.

その日記にはなにか特別な名前があったんだ。

なんという名前だったかな・・・?

そんなに長い単語じゃなかったはず。

3文字で。ちょっと発音しにくくて・・・。

b・・・bう・・・rお・・・・・・・gg・・・・? 

.

.

.

.

. 

・・・ハッ!!!!!!!!∑(゚0゚) 

.

.

.

.

.

.

・・・・・・・。

・・・・それは『ブログ』という名前のものだったと思う。

.

.

.

そう。ようやく思い出したよ。 

僕は『ブログ』を書かなければならない運命だったんだ。

.

.

.

.

.

.

この過酷な運命の重圧に耐えきれず僕は逃げだした。

ネタ探しに奔走する毎日、人々が読んでくれるかわからないプレッシャー、そしてなにより文章を書くメンドクサさ・・・。

嫌いじゃないのにブログを更新するという作業は徐々に僕の心の重荷となっていたんだ。

.

.

.

.

.

.

・・・そして2か月前のある日、僕は逃げ出した。

.

2ヵ月の逃亡生活で僕はすっかりその運命から逃れられたと思っていた・・・。

.

.

.

.

.

.

でもそれは間違いだった。

僕はまたここに戻ってきてしまった・・・。

心の底で眠っていた欲望が僕をここに導いたに違いない。

. 

仕方ない・・・また書き始めよう。

それはきっと僕の運命なんだ・・・。 

                              

                         ~終わり~

 

 

 

 

 

 

というわけでブログ再開しま~す。 ど~ん ( ̄△ ̄)

それにしてもパソコンの前に座るとマジでハンパなく眠くなる (つ_-*)。οΟ

半分寝ながら書いたので誤字脱字はもうどうでもよいってことで。

富樫先生ばりに休載多いですがどうぞまたごひーきに。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。